額田王下近江國時<作>歌井戸王即和歌 (Manyoshu 17)

味酒
三輪乃山
青丹吉
奈良能山乃
山際
伊隠萬代
道隈
伊積流萬代尓
委曲毛
見管行武雄
數々毛
見放武八萬雄
情無
雲乃
隠障倍之也

Modern Japanese

味酒
三輪の山
あをによし
奈良の山の
山の際に
い隠るまで
道の隈
い積もるまでに
つばらにも
見つつ行かむを
しばしばも
見放けむ山を
心なく
雲の
隠さふべしや

Hiragana Pronounciation

うまさけ
みわのやま
あをによし
ならのやまの
やまのまに
いかくるまで
みちのくま
いつもるまでに
つばらにも
みつつゆかむを
しばしばも
みさけむやまを
こころなく
くもの
かくさふべしや

Rate this poem: 

Reviews

No reviews yet.