(詠鹿鳴) (Manyoshu 2147)

山邊尓
射去薩雄者
雖大有
山尓文野尓文
沙小<壮>鹿鳴母

Modern Japanese

山の辺にい行くさつ男は多かれど山にも野にもさを鹿鳴くも

Hiragana Pronounciation

やまのへに
いゆくさつをは
さはにあれど
やまにものにも
さをしかなくも

Rate this poem: 

Reviews

No reviews yet.